趣味なのか!?

アクセスカウンタ

zoom RSS VANGUARD UP-RISE 38 通勤カメラバッグ

<<   作成日時 : 2012/10/07 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヴァンガード、アップライズ38
通勤用に気になっていたバッグ。
量販店で何度も見て、触って、中を見て。
8月の暑いさなかに我が手に。
しばらく使ってみて大きさに戸惑うことも多かったけどだいぶ良く馴染んできた。
通勤用とはいっても職業柄パソコンや書類を持ち歩くことはない。
もちろんカメラやレンズを入れるために考えていた。
画像

普段は7Dに標準ズームを入れれば十分ではあるがたまに70−200・2.8を持ち歩きたくなる。
10−22の広角ズームも頻度は高いから入れたい。
ついでにストロボも入れたい。
バッテリーグリップは諦めるとして、エクステンダー2Xは一応ほしい。
画像

一応難なく入る。ボディに70−200を付けていても大丈夫です。

だが重い。
この重さだけはどんなバッグに入れようと軽くなることは有り得ない。
大事なのは背負ってる状態でのストレスだ。
よくあるのは太いベルトで肩に食い込む面積を増やす。
これはこのバッグでも同じ。
今回違うのは上から見た時の形。
大概のバッグはスクエアなので上から見た大きさが四角い。
今回の狙いは薄い形状。
バスや電車の中で他人に当てたくないから。
画像

そうはいっても全部入れるとこんなデブ。
70−200ズーム側に10−22のフードを入れるとよけいにふやけてます。
画像

判りにくいので入ってる時の状態はこんな感じ。
ブツが重なるところにはちゃんと仕切りのクッションが入ります。
画像

セールスポイントの一つ、「レインカバー」。
こいつは前側のポケットに紐付きで収納されてます。
ロープロだとほとんど付いてるけど実際の雨で使ったのはこのバッグが初めてだった。
ある朝家を出てから降り出した雨、思い出すようにバス停で立ったまま装着したのだが
これが思いのほか使いやすい。
画像

広げるとこんな。
広げる前の四角い入れ物はレインカバー本体の一部になっていて失くす事はない。
画像

装着状態の後ろ側
なぜか正面を撮り忘れましたが正面中央には「VANGUARD」のロゴがあります。
裏を撮った理由はベルトの付け根の部分。
ここだけはマジックテープで止めるようになってますが長年使うと弱くなって外れそうです。
しかし、装着するのはとてもラクで先の条件下でもスパっと被せる感じで雨対策は完了します。
思うにロープロの場合「ほんとに被せられるのか?」と思うほどキツキツで座り込んでジックリやらないと途中でめげるくらい大変なのです。

そしてこのバッグの場合フラップ部分だけに被せて中身を取り出す事もできそうです。
偶然の利点でしょうか。

画像

それから意外に頻度は低いのですが天井が開きます。
これはやってみるととても便利でフラップの内側のポケットのものを落下させずにカメラを取り出せます。
開口面積も十分で窮屈な感じはありません。
画像

天井のジッパーは画像のようにさらなる留め具で押さえられてます。
この止め具、マグネットが仕込んであってフラップ側に張り付いてくれてます。
過剰な気がしないではないですがギミックとして面白い装備です。

さて、画像は無いですが中身の背面側にはA4パソコンが入るスペースがあります。
実際に入れてみると高さがちょっとキツくてフラップが浮きぎみになります。
フロントノバックルはギリギリで締まる感じです。
パソコンが少し小さめならば問題無しです。

あまりに簡単にレポートしましたが自分の場合はかなり満足なバッグです。
予想外に幅があるので電車の座席に座って足を揃えると腹の前に抱える姿勢が多いですが
かなりギリギリの幅になります。
無神経に座ると両側の人に顰蹙を買うかもしれません。ご注意を。
参考までに私は横幅狭いほうです・・。腹は出てるけど。
もちろん普通の通勤バッグとしては申し分無い機能です。
フラップの表の大き目のポケットには定期入れ。
内側のポケットにはサイフや身の回りのものが一通り入ります。
帰りに本屋RailMagazineを買ってもパソコンスペースに余裕で入ります。

見た目は赤いステッチがちょっといい感じで縫製もキリっとしてます。
キャリンググリップにはネーム入れようのタグも付いてます。
ちなみにキャンペーンの札が付いてたので短いショルダーベルトも付属してました。
これはバッグを斜め掛けするか片掛けするかで使い分けができます。
あるいは長距離を歩くときなどは2本使って腰に固定するのにも使えそうです。
そして意外な特徴としてベルトを取り付ける部分のバッグがわのベルトには反射材の白いラインが入ってます。
夜間、車のライトが当たるとしっかり反射してくれてます。
カメラバッグとしてはあったほうがいいと思ってます。(イヤ、通勤バッグだが)

カメラの入れ物としては現在5個め。
いずれも高級品では無い。
グレード的にも普及品よりはちょっといい程度。
ロープロが3個に今回のVANGUARD

シチュエーションで使い分けるとはいっても多すぎか。
ボディは1台なんだけど・・・・・。
5Dmark3欲しいです。
6Dはどうなんだろ。
後は衰える体力が問題だ。






マイリンク集

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



マイリンク集

VANGUARD UP-RISE 38 通勤カメラバッグ 趣味なのか!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる